自衛隊除隊者向け求人サイトトップ
自衛隊除隊者の採用をお考えの企業様へ 自衛隊除隊者向け求人サイトトップページ 当サイトご利用にあたって 当サイトへのお問い合わせ
北海道地区東北地区関東地区北陸信越地区東海地区近畿地区中国・四国地区九州・沖縄地区
広域海外
技能・生産・製造ソフトウェア電気・電子・機械|建築・土木素材・メディカル配送・ドライバー営業・技術営業
販売・サービス外食・フード専門職系医療・介護・福祉企画・事務系クリエイティブ代理店・FCその他

◎お問い合わせは直接企業様へご連絡ください。

三幸金属株式会社
正社員 職種/メンテナンススタッフ(発電設備向けバルブ)
勤務地/福井県大飯郡、三芳郡






★募集職種
★仕事内容
◎未経験からでも一人前に育てます!
日々の仕事に一生懸命取り組み、成長し続ける気持ちを大切にして下さい。専門的な知識は、先輩との会
話や現場での実務を通じて次第に身に付いていきます。はじめの内はわからないことが多く戸惑うことも多
いと思いますが、ヤル気と向上心があれば技術的な知識がなくても大丈夫です。

メンテナンススタッフ(発電設備向けバルブ)
発電関連設備の保守・メンテナンス。専門的な知識は、先輩との会話や現場での実務を通じて次第に身に
付いていきますので、未経験でも安心です。
◎発電関連設備の保守・メンテナンスを担当していただきます。生活インフラを支える一員として誇りを持っ
て働くことができます。
◎高性能バルブなど弁・配管機器を提案してきた当社。取引先である電力・重電プラント大手とは、太い信
頼のパイプでつながっており、原子力発電所の安全と信頼を支える重要な仕事を任されています。
◎基本的には、年数回の工事の際に行う定期検査・補修と、突発的な事態への対応。入社後は、豊富な知
識と経験のある先輩について少しずつ業務を身につけて下さい。
※今後ますますニーズの増える分野の仕事に、いちはやく取り組んでみませんか?
仕事に取り組んでいくうちに、技術的にも人間的にも成長していけるでしょう。

★資格 ◎30歳未満の方 ◎未経験者も大歓迎! ◎要普通自動車免許
{求める人物像}
◎フットワーク軽く、行動できる方
◎専門的な知識を身につけ、スペシャリストを目指したい方
◎長く腰を据えて働きたい方
◎社会を支える意義の大きな仕事がしたい方
★勤務地 ■福井県大飯郡おおい町
■福井県三芳郡美浜町
■福井県大飯郡高浜町
※勤務地の希望は考慮します。
勤務時間 8:30〜17:30(実働8時間)
給与 月給18万円以上 
※上記はあくまで最低保証額です。(別途、手当が支給されます)
※年齢、経験、能力を考慮の上、優遇します。
★待遇 昇給年1回、賞与年2回、交通費全額支給、家族手当、残業手当、業務手当、資格手当、家賃補助、各種社
会保険完備、退職金制度、財形貯蓄制度、保養所、資格取得制度
★休日休暇 隔週休2日制(日曜、隔週土曜)、祝日、夏季休暇、年末年始、有給休暇、慶弔休暇、創立記念日
★応募方法 履歴書(写真貼付)・職務経歴書(書式自由)を郵送して下さい。書類選考の上、追ってご連絡致します。
※面接日・入社日等はご相談に応じます。

★お問い合わせ先 〒550-0004  
大阪府大阪市西区靭本町1-16-17
三幸金属株式会社
電話番号:06-6441-6668   採用担当/総務 岩本

会社概要■設立/1952年11月  代表取締役/岩本 琢磨  従業員数/47名  資本金/1,000万円
事業内容/1、各種ボールバルブ製造販売 (ISO 9001:2008 認証工場 登録番号QSR−097) ・電力、化
学、石油工業等各種プラント用ボールバルブ ・タンクローリー、コンテナ用ボールバルブ ・緊急遮断ボール
バルブ  ・高温高圧ボールバルブ ・石炭スラリ等耐摩耗ボールバルブ   2、他種弁製造販売 ・石油類
容器用安全弁、バタフライ弁、ストレーナー   3、計装工事及び弁のメンテナンス(一般建設業許可11538
号) ・火力、原子力発電所及び他プラント   3、各種弁・バルブ等代理店業務
事業所/本社:大阪府大阪市西区靭本町1-16-17
主な納入先/関西電力(株)、関西プラント(株)、(株)かんでんエンジニアリング、日本原子力発電(株)、日
本原燃(株)、中部電力(株)、中国電力(株)、石川島播磨重工業(株)、三菱重工業(株)、(株)日立製作所、
(株)日立エンジニアリングサービス、東芝プラント建設(株)、富士電機(株)、川崎重工業(株)、ほか
URL:http://www.sanko-metal.co.jp/

>>先頭へ戻る
|ホーム|企業の皆様へ|当サイトについて|お問い合わせ|
Copyright(C) 2005 Boeikohosha All Rights Reserved.

インフラに関わり今後も需要拡大が見込まれる中、
新たな人材が必要となりました。